blog

2011交換留学レポート

 

 

 

 

 

 

 

FAA3-1 岸良麻代

 

渡航先:HDK School of Design and CraftsSweden/スウェーデン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海外短期交換留学プログラムに応募し、Sweden,Gothenburgにある、”HDK School of Design and Crafts”という美術大学へ、

2011年9月~11月の90日間留学しました。

ヨーロッパ的な趣きある校舎を見た瞬間、外国に来た!という実感が湧いてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Gothenburg(ヨーテボリ/イェーテボリ)はスウェーデンで第2の都市と言われていますが、街を少し離れると大自然が

広がり、街の人は親切でのんびりとした街でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

滞在先は大学に斡旋して貰ったドミトリーでした。ドミトリーはキッチンが共用なので、このスペースが他の学生との

交流の場となりました。写真のように、皆それぞれに好きなものを料理しています。色んな国の人が集まっているので、

文化の違いを肌で感じることができて面白かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

校は、学生証(カードキー)があれば24時間いつでも入る事ができました。作業時間もフリーなので、自分の好きな時に

学校に行き、作業する事ができました。キッチンや冷蔵庫もあったので、作業途中でお茶を入れて皆で飲んだり、とても

リラックスした雰囲気の中で作品作りに集中出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業机は一人にひとつ与えられます。作業机に学生それぞれの個性が見えて面白い。その他の作業場所は、鍛金ルームが

あったり、七宝が出来るスペースがあったりと作業に応じてワークスペースが細かく分かれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業は自分のペースでしたが、作品を持ち寄ってのディスカッションでは、沢山の質問をしてくるのが驚きでした。

お互いが他の人の作品に対して、とても興味を持っているのが良く伝わってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3ヶ月間留学をしてみて、自分と同じくらいの年齢の学生が日本から遠く離れた場所で、どのようにジュエリーと向かい

合っているのかを感じる事ができました。(日本で受けるワークショップとの違いはそこにあると思います。)また、現地

で実際に生活してみて感じる文化の違い・・・私は海外旅行の経験すらあまり無かったので、最初は全てに戸惑っていま

したが、最後には全て受入れられるようになっていました。この留学を通して私が気づいたことは「もっと作りたいと思

っている自分がいる。」ということ。あまり先の事は解りませんが、もう少しジュエリーを作ってみようと思っています。

 

 

 

2012.02.28