blog, event

> このブログに記事を投稿するには

インストワークショップ “blind date” by mikiko minewaki

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去る6月22日から7月13日に行った、インストで行った特別授業を紹介します。

授業は、週一回金曜日の4日間で行いました。

 

ワークショップはとても単純で、ブラインドを材料に、身につけられるジュエリーをつくりましょう。という内容です。

 

題して”blind date”

 

ブラインドデートには、お見合いという意味があります。

ブラインドで作ったジュエリーをつけてデートする。とか、

ブラインドという素材と、あなたが初めて出会ってジュエリーを作る。とか、

そんなイメージをもってタイトルを付けました。

 

作業は単純ですが、ちょっといつもと違うのは、出来上がった後に、撮影をするというところです。

 

撮影のイメージはあらかじめ決めてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓につける大きな真っ白いブラインドを2つ用意して、1つは材料として。

もう一つは撮影イメージのように、背景として使用します。

 

意外だったのは、ブラインドがすごく良い素材だということ。

薄いアルミ製ではさみでも簡単に切る事ができます。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日間作業をして、4日目に中庭にて撮影を行いました。

ブラインドを敷いて、その上にみんなの作品を載せます。

自分の作品をつけて、ブラインドの上に寝転がったところを、2Fから撮り下ろしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮遊感のあるちょっと不思議なイメージができあがったと思いませんか?

 

実はこの授業、プレゼンテーションを考えることがいかに大事かを伝えるという目的があるのです。

 

「みなさんは、どんな順番で作品をつくっていますか?」という簡単な質問から始まります。

「まず作品を作る→出来上がる→出来たものや数に合わせて作品の展示方法を考える。」という順番が普通ですよね。

 でも、「作ってから展示を考えるという順番では、自分の表現力の幅はもう広がらない!」のです。

 

最初に、どんなイメージで人に作品をみせたいのか。どんなイメージで空間を使いたいのか。それをざっと決めてしまいます。

そうすると、いくつ作品を作らないといけないのか、何人に手伝ってもらわないといけないのか、何日かかるのか、いくらかかるのか、

何を先に準備しておかないといけないのかが、見えてきます。

 

それをひとつづつ行っていけば、自分の表現の限界をこえることは難しい事ではありません!

どんなプレゼンテーションをするか、先にプランを考えると、たった4日間で、こんなイメージを作る事ができるのです。

 

 

22名の力に感謝です!インスト&交換留学生のみなさんありがとう!

2012.08.12

シルバーアクセサリーショップ&石屋さん巡り

 

SAM2年生の希望者を対象にシルバーアクセサリーショップと石屋さんに行って

きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シルバーアクセサリーショップは工房も併設してある恵比寿の「BIGBLACKMARIA」

店内には個性的なオリジナル商品がずらりと並んでいます。

通常は入ることの出来ない工房の中も見学させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

効率よく工具類が設置されてたり、机の上にはたくさんの制作途中の商品が。

社長自ら現在取り組んでいる仕事の原型を見せて下さいました。

いつか独立してSHOPを開くならば、という参考になったでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・BIGBLACKMARIA

 目黒区三田1-11-19

 03-5721-5523   OPEN 12:00~20:00

 http://bigblackmaria.jp/

 

 

 

 

 

電車に揺られて次に向かったのは文京区の石屋さん「アサオ工芸」

貴石、半貴石共に豊富な品揃えです。チェーンやパーツ等の扱いもあります。

 

必要なモノを決めていかないと目移りして大変です。ホントに。

対応して下さったスタッフがヒコ出身の方で学生全員にカタログを下さいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ・株式会社 アサオ工芸

  文京区本郷2-26-11 種苗会館3階

  03-3812-7338

  http://www.asaokougei.com/

 

 

暑い日が続きますが、せっかくの夏休みだからこそ日頃は行けないショップやお店を巡ってデザインソースや素材を集めてみてはどうでしょうか。

 

JPSA山本龍

2012.08.04

ヒコバス活動日誌

 

7/31は今月3度目の活動でした!

 

今回もNIKE HARAJUKUの方が来てくださり、レベルの高いゲームができました!

 

今回はさみしいことに、女子はこの岩本だけでした。

…女の子の参加待ってますからね~!(T_T)

 

先生や卒業生も参加してくださいました!

どなたでも大歓迎ですので今回来れなかった人、お友達も誘って次回は是非参加してください!

 

次回の活動日は8/15(水)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012.08.03

インストワークショップ “blind date” by mikiko minewaki

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去る6月22日から7月13日に行った、インストで行った特別授業を紹介します。

授業は、週一回金曜日の4日間で行いました。

 

ワークショップはとても単純で、ブラインドを材料に、身につけられるジュエリーをつくりましょう。という内容です。

 

題して”blind date”

 

ブラインドデートには、お見合いという意味があります。

ブラインドで作ったジュエリーをつけてデートする。とか、

ブラインドという素材と、あなたが初めて出会ってジュエリーを作る。とか、

そんなイメージをもってタイトルを付けました。

 

作業は単純ですが、ちょっといつもと違うのは、出来上がった後に、撮影をするというところです。

 

撮影のイメージはあらかじめ決めてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓につける大きな真っ白いブラインドを2つ用意して、1つは材料として。

もう一つは撮影イメージのように、背景として使用します。

 

意外だったのは、ブラインドがすごく良い素材だということ。

薄いアルミ製ではさみでも簡単に切る事ができます。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日間作業をして、4日目に中庭にて撮影を行いました。

ブラインドを敷いて、その上にみんなの作品を載せます。

自分の作品をつけて、ブラインドの上に寝転がったところを、2Fから撮り下ろしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮遊感のあるちょっと不思議なイメージができあがったと思いませんか?

 

実はこの授業、プレゼンテーションを考えることがいかに大事かを伝えるという目的があるのです。

 

「みなさんは、どんな順番で作品をつくっていますか?」という簡単な質問から始まります。

「まず作品を作る→出来上がる→出来たものや数に合わせて作品の展示方法を考える。」という順番が普通ですよね。

 でも、「作ってから展示を考えるという順番では、自分の表現力の幅はもう広がらない!」のです。

 

最初に、どんなイメージで人に作品をみせたいのか。どんなイメージで空間を使いたいのか。それをざっと決めてしまいます。

そうすると、いくつ作品を作らないといけないのか、何人に手伝ってもらわないといけないのか、何日かかるのか、いくらかかるのか、

何を先に準備しておかないといけないのかが、見えてきます。

 

それをひとつづつ行っていけば、自分の表現の限界をこえることは難しい事ではありません!

どんなプレゼンテーションをするか、先にプランを考えると、たった4日間で、こんなイメージを作る事ができるのです。

 

 

22名の力に感謝です!インスト&交換留学生のみなさんありがとう!

2012.08.12

シルバーアクセサリーショップ&石屋さん巡り

 

SAM2年生の希望者を対象にシルバーアクセサリーショップと石屋さんに行って

きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シルバーアクセサリーショップは工房も併設してある恵比寿の「BIGBLACKMARIA」

店内には個性的なオリジナル商品がずらりと並んでいます。

通常は入ることの出来ない工房の中も見学させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

効率よく工具類が設置されてたり、机の上にはたくさんの制作途中の商品が。

社長自ら現在取り組んでいる仕事の原型を見せて下さいました。

いつか独立してSHOPを開くならば、という参考になったでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・BIGBLACKMARIA

 目黒区三田1-11-19

 03-5721-5523   OPEN 12:00~20:00

 http://bigblackmaria.jp/

 

 

 

 

 

電車に揺られて次に向かったのは文京区の石屋さん「アサオ工芸」

貴石、半貴石共に豊富な品揃えです。チェーンやパーツ等の扱いもあります。

 

必要なモノを決めていかないと目移りして大変です。ホントに。

対応して下さったスタッフがヒコ出身の方で学生全員にカタログを下さいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ・株式会社 アサオ工芸

  文京区本郷2-26-11 種苗会館3階

  03-3812-7338

  http://www.asaokougei.com/

 

 

暑い日が続きますが、せっかくの夏休みだからこそ日頃は行けないショップやお店を巡ってデザインソースや素材を集めてみてはどうでしょうか。

 

JPSA山本龍

2012.08.04

ヒコバス活動日誌

 

7/31は今月3度目の活動でした!

 

今回もNIKE HARAJUKUの方が来てくださり、レベルの高いゲームができました!

 

今回はさみしいことに、女子はこの岩本だけでした。

…女の子の参加待ってますからね~!(T_T)

 

先生や卒業生も参加してくださいました!

どなたでも大歓迎ですので今回来れなかった人、お友達も誘って次回は是非参加してください!

 

次回の活動日は8/15(水)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012.08.03

平成24年度 2級貴金属装身具検定 模擬テスト

 

国の検定制度である2級貴金属装身具製作技能検定試験まで1ヶ月となりました。

 

5月から練習を始め、夏休み初日の7月17日に18金を使用して模擬テストを行ないました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

練習では真鍮を使用していたので、18金、14金ろうを初めて使う学生が多く、ろう付けに苦労していましたが、

なんとか形にすることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年はJPSA、FAA、HJ、MC、SAM、AJの各コースから計17名が受検します。

 

試験本番まで練習を重ね、もう一度18金で模擬テストを行い、完成度を上げていきたいと思います。

2012.07.26

御徒町ツアーに行ってきました

 

7/20(金)、JPSAの希望者を対象に御徒町ツアーを実施しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはキャスト屋には見えないキャスト屋、「シュートザワークス」を訪問。

SAM卒業生が店長をやっています。

お店の作品説明から工房の内部見学、キャストについてのお話等を伺いました。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ年中無休、土日も営業していて、キャスト受付は夜遅くなっても(お店にいる限り)大丈夫とのこと。

スピードもクオリティも安心できます。

 

・SHOOT THE WORKS CASTING CORPORATION

台東区東上野1-11-4 高島ビル1階

 03-6803-2509

 

 

 

次に向かったのはすぐ近くにある石屋さん「ジェムセンター」

貴石、半貴石が豊富で買いやすい金額で、学生にもとても親切に対応してくれました。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ジェムセンター有限会社

 台東区東上野1-21-2 ジェムセンタービル1階

 03-5817-0822

 

 

 

次はシーフォースへ。

ヒコマートフェアでもおなじみですが、お店には工具が豊富でCADの出力も可能。

新たにメッキも始めたので是非ご利用くださいとのことでした。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

・シーフォース株式会社

 台東区台東4-18-12

 03-5817-1550

 

 

 

途中、砥石屋(タガネの仕上げには必須)、キャスト屋、ケース屋等を通り過ぎながら

次に向かったのは銀製品卸の「浜崎」。シルバーのチェーンがとても豊富。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

店長曰く、ペンダントにいろいろあわせてみてから決めればいいですよ、とのこと。

場所はセレナさんの2階です。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・有限会社 浜崎

 台東区上野5-22-1 東鈴ビル2階

 03-5688-5735

 

 

 

最後は「石福ジュエリーパーツ」へ。

貴金属のありとあらゆるパーツが揃っています。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・石福ジュエリーパーツ株式会社

 台東区上野5-22-6 御徒町みきビル

 03-3832-5241

 

 

御徒町は1日では廻りきれない程に様々なジュエリー関係のお店があります。

お店によっては「一般の方お断り(素人の方)」となっていたりしますが、プロとして振る舞うことができれば問題ないと思います。

 

今回はほんの数カ所だけでタイムアップとなりましたが、せっかくの夏休み、皆さんもJMテキストのマップを片手に

御徒町をじっくり散策して自分の作品づくりに必要なお店を探してみてはいかがでしょうか。

 

 

JPSAコース 山本龍二

 

2012.07.26

レザーワークゼミ報告 in 大阪

 

7/15・16の二日間にわたり、大阪校にて『レザーワークゼミ』が行われ、計24名の学生が受講しました。

 

今回お招きした講師はレザーブランド『PAPA-KING』を主宰する小林徹也氏です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

このゼミで学ぶのはレザーワークの【基礎技術の習得】はもちろん、小林氏もこだわる【丁寧で美しい手縫いの仕事】です。

 

【穴あけ】ひとつとっても、コツやテクニックなど学ぶことは盛り沢山。途中、プロならではの裏ワザも披露されながら練習は進みます。

 

そして午後からは【型紙の制作】が行われました。

あらかじめ用意されたベースの型紙から、各自自由にアレンジを施し【オリジナルの型紙】を完成させていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二日目は完成した【オリジナルの型紙】を使い、いよいよ実制作がスタートします。

一人ひとりのデザインに合わせ、丁寧に制作のポイントやアドバイスをする小林氏の姿がとても印象的でした。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして二日間で完成した学生作品の一部がこちらです。

ペンケースやスマートフォンケースなどアイテムは様々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受講者はこの二日間でレザーワークの楽しさや難しさ、そして奥の深さを堪能することができました。

 

とてもシンプルなアイテム制作でしたが、今後も自分で制作展開ができるスキルを学んだり、レザー制作の経験が

あった受講者には、更にもう1ランクスキルアップができるなど、大変充実した内容のゼミになったと思います。

 

 

2012.07.25

ヒコバス活動日誌

 

先日7月20日に今月2回目の活動がありました。

 

今回は悪天候と研修旅行とかぶってしまったこともあり、9人しか集まらず終始4対4のゲームになってしまいました。

しかし男子のみだった今回は活気がありレベルの高い活動となりました。
 

男女、経験者・未経験者、学科は問いません!

他学科、他学年の人たちと交流をはかれるいい機会だと思いますので、今回来れなかった人や少しでも興味のある方は

是非参加してみてくださいね!
 
 
 それと最近の活動ではNIKE HARAJUKUのスタッフの方々が参加してくれています。

次回も参加してくれる予定なので気になる方は是非!!

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回の活動日
 
31日(火)18:00~21:00
 
場所は美竹の丘体育館(学校から徒歩1分)
 
 

興味のある方は副代表の大河まで
SHM2-1 大河 t.ohkawa1112@gmail.com

2012.07.25

2012 SHM3 CAMPER CREATIVITY CAMP in 無量寿

6/3(日)~5(火)シューメーカーコース3年生が、静岡県伊豆にワークショップに行ってきました。

 

今回で3回目となるスペイン・カンペール社との企業コラボレーション課題。

カンペールからデザインマネージャーのアドリアーナさんと、コンサルタントのダイアン・ベッカーさん

とともに、大自然の中で2泊3日のワークショップでした。

 

学生達は、青空の下ドローイングエクササイズをしたり、自然の中から各自が興味をもったものを拾って

きて、靴のような・オブジェのような3Dプロトタイプを作ったり、普段とは全く違う環境の中でモノ作り

に没頭しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワークショップの中では、ダイアン/アドリアーナ両氏から様々なアドバイスをもらったり、セミナー

などをおこなってもらい、世界のブランドデザイナーからの様々な話を聞くことができ、今まで味わっ

た事のない影響をうけたことと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このワークショップをスタートにして、【URBAN-HYBRIDS】をテーマにした作品制作を行っていきます。

表彰式後の投稿をお楽しみに!

 

2012.06.17

Hiko Basketball Team 3月度活動日決定!

 

3月のヒコバスの活動日は

2日(金) 13~17時

23日(金) 13~17時

 

場所はケアコミュニティ・美竹の丘体育館、今のところ参加者は十数名です。

学科、学年、性別等は関係ありません!

先生も含めて、気軽に参加して下さい。

ただし、日程が変更になる可能性もあるので参加する場合は事前に連絡ください。

 

代表:SHM2-1 佐藤航   e-mail:the.watarusato@gmail.com

 

2012.02.29

2011交換留学レポート

 

 

 

 

 

 

 

FAA3-1 岸良麻代

 

渡航先:HDK School of Design and CraftsSweden/スウェーデン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海外短期交換留学プログラムに応募し、Sweden,Gothenburgにある、”HDK School of Design and Crafts”という美術大学へ、

2011年9月~11月の90日間留学しました。

ヨーロッパ的な趣きある校舎を見た瞬間、外国に来た!という実感が湧いてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Gothenburg(ヨーテボリ/イェーテボリ)はスウェーデンで第2の都市と言われていますが、街を少し離れると大自然が

広がり、街の人は親切でのんびりとした街でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

滞在先は大学に斡旋して貰ったドミトリーでした。ドミトリーはキッチンが共用なので、このスペースが他の学生との

交流の場となりました。写真のように、皆それぞれに好きなものを料理しています。色んな国の人が集まっているので、

文化の違いを肌で感じることができて面白かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

校は、学生証(カードキー)があれば24時間いつでも入る事ができました。作業時間もフリーなので、自分の好きな時に

学校に行き、作業する事ができました。キッチンや冷蔵庫もあったので、作業途中でお茶を入れて皆で飲んだり、とても

リラックスした雰囲気の中で作品作りに集中出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業机は一人にひとつ与えられます。作業机に学生それぞれの個性が見えて面白い。その他の作業場所は、鍛金ルームが

あったり、七宝が出来るスペースがあったりと作業に応じてワークスペースが細かく分かれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業は自分のペースでしたが、作品を持ち寄ってのディスカッションでは、沢山の質問をしてくるのが驚きでした。

お互いが他の人の作品に対して、とても興味を持っているのが良く伝わってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3ヶ月間留学をしてみて、自分と同じくらいの年齢の学生が日本から遠く離れた場所で、どのようにジュエリーと向かい

合っているのかを感じる事ができました。(日本で受けるワークショップとの違いはそこにあると思います。)また、現地

で実際に生活してみて感じる文化の違い・・・私は海外旅行の経験すらあまり無かったので、最初は全てに戸惑っていま

したが、最後には全て受入れられるようになっていました。この留学を通して私が気づいたことは「もっと作りたいと思

っている自分がいる。」ということ。あまり先の事は解りませんが、もう少しジュエリーを作ってみようと思っています。

 

 

 

2012.02.28