exhibition, info

オススメの美術館「SEIKO Museum 」

スイスには国際時計博物館、パテック フィリップ・ミュージアム他いくつもの素晴らしい時計ミュージアムがあります。

それに対して、日本はさびしいなあ!と思っていたところ、4月にセイコー時計資料館がセイコーミュージアムと名前を変え、

リニューアル・オープンしました。

展示が整理されとても見やすくなったのと、和時計の展示室ができたのが大きな変化です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが和時計の展示室です↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展示は1Fが日時計から始まる時計の歴史、2Fがセイコー時計の歴史で、1892年製造した掛け時計から始まり今年の新作まで

順に展示されています。和時計は新たに室温・湿度管理ができる部屋をつくり、160点ほどのストックのうち選りすぐりの30点が

展示されています。一挺天符、二挺天符、尺時計などなど時代の名品が並んでいます。

入場料は無料ですが、館内を説明員が案内(1時間)してくれるスタイルのため、予約が必要です。美術館・博物館へ行くと有料の

音声ガイド機を借りている人も多いですが、ここでは説明員が解説してくれるため、質問も自由です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予約というハードルはありますが、行ってみるととても勉強になるところです。

 

3Fには閉架式の時計資料室があります。閉架式は図書目録から、利用したい資料及び書籍を選び出し、閲覧希望を申込むスタイルです。

7000冊以上の収蔵を誇るとされていますので、調べものには最適の場所でしょう。少なくとも一度は足を運んでみてください。

 

ウォッチメーカーコースの学生はもちろん、ジュエリーコースの学生のみなさんにも大変お薦めの美術館です!

 

 

 

セイコーミュージアム

http://museum.seiko.co.jp/

予約:03-3610-6248

 

2012.06.19