info

今野真一先生に突撃インタビュー!!/ケルビムデザイナー&ビルダー

本校講師でもあり、Cherubimのチーフビルダーでもある今野真一先生に突撃インタビュー!

Cherubim青山店の開店経緯や、本校で1年間教鞭を執られた感想などをお話し頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高橋:今野先生、青山店を作ることになった “きっかけ” ってなんですか?

今野:ん〜 そうですねぇ〜、、、。単純に始めは「ケルビムユーザーとのコミニケーションの場や時間をもっと増やしたい」 まずはそこから始まりました。やはり自転車に乗っていればメンテナンスも必要になりますし僕たちのアドバイスを求めている人が沢山いるのも事実です。彼らと顔を会わせて会話をする。ユーザーだけではなく僕たちにも大きなメリットが生まれます。そんな場所と時間が増える事で悪い事なんて一つもありませんね。そこで生まれるコミニケーションは確実に僕達の製品にフィードバックされ新しい物が生まれまたユーザーに喜んでもらえる訳ですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高橋:お客様のためだけではなくて、Cherubimの新製品のヒントにもなりそうですね!では、青山店が出来た事によって反響はどうですか?

今野:やはりアクセスという意味では多くの方に喜んで頂けたと思っています。そして、今までオーダー車や自転車に興味が無かった方に知って頂けるという事も嬉しいですね。青山という立地上、町田店の来客数より多くの方々がいらっしゃいます。一人でも多くの方に僕たちの製品はもちろん自転車の事を知って頂けるという事は素晴らしい事だなぁ〜と改めて実感しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高橋:本校の学生も沢山お邪魔してますよね。学校の近くにCherubimがある、というのは学生にとって困ったときの駆込み寺となりそうですね! そんな学生たちをTCDで1年間教えてきた感想などあればお聞かせ下さい!

今野:前例も無く僕たちも初めての事でしたので 開校前は心配で一杯であったのも事実です。しかし、多くの方のご協力があり素晴らしい内容の授業を一年間出来たと自負しています。他の先生方も同じ想いで過ごされていたと思います。当初は無理かなと思っていた困難な課題をクリアする生徒達には驚きや感動も沢山ありました。そして一年終わってみると僕たちを一番助けてくれたのは他ならぬ生徒達ではないかなと感謝しています。自転車を学ぼうと思っている彼らと教えたいと思う僕たちのシンプルな関係がしっかりしていれば困難な事もクリア出来ると実感しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高橋:最後に来年度2年生になる学生と、新しく入学する1年生に一言お願いします!

今野:「自転車」は人間が発明した最も効率の良い乗り物です。僕たちは「自転車」にネジ一本付け足す事も出来なければ引く事も出来ません。至る所に人類の英知が散りばめられ一台の自転車が走っているのです。それほど完成されたこの道具を「自分の手で作る」という事は困難な作業の連続でもあります。しかし、手を動かし、歴史を知り、自転車を走らせる。 そして自転車と自分の人生に「何か」を付け加えられたらそんな幸せなことはないでしょう。 さぁ 一緒にやりましょう!

高橋:今野先生、ありがとうございました!!

2013.03.28