info

2012 大阪校 影山教授特別授業レポート

 

○9/10(月)〜9/25(火)の期間で大阪校にて影山教授の特別授業を実施しました。
今回の授業では「テンペラ技法を使ったジュエリー」の制作というテーマで、ジュエリ研究コース3年生が受講しました。

9/10(月)初日は、テンペラ技法についての講義からスタートしました。影山教授の作品紹介に始まり、テンペラを使った歴史的絵画の紹介、

テンペラ絵具の作り方を教えて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予備知識をふまえ、実際に作品制作に移ります。
今回テンペラの素地に使用する材料は檜です。75×75×75mmの角材から造形的なジュエリーを削り出して行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9/11(火)2日目にはテンペラのメディウムを作成します。
影山教授のサポートのもと、今回は卵黄を使い、卵黄の中に酢やダンマルバニス、スタンドオイルを加えメディウムを作成しました。
場合によって白身を使う場合もあるそうです。出来たメディウムに日本画に使用する顔料を混ぜて行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テンペラ絵具が完成したら着彩に入ります。
絵具が固まる前に水を足しながら色づけをします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9/24(月)3日目の授業では作品制作の経過を確認して行きます。影山教授からアドバイスを戴きながら着彩の調整を行ないました。
それから翌日の作品展示と講評会に合わせ金具やチェーン、紐を取り付けて行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9/25(火)4日目は作品展示と講評会です。どのように作品を魅せるかを考えた空間演出を学びます。
影山教授にレクチャーを受けながら、学内の空間に作品を展示して行きます。学生達は日常の空間に展示をするこ楽しみながら勉強していました。
展示終了後、作品が展示されているスペースをまわりながら、影山教授からそれぞれの作品に対し丁寧な講評を戴きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展示された作品を一部紹介します。
「自分だけのスペース」分電盤内の配管に展示する為の作品。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人体の曲線美と浮遊感を表現しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「エデンの園と失楽園」聖書の3章でのアダムとイブの記述があり、フロアサインの「3」と併せて展示をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

扉を開けると、倉庫の天井から吊られているスカルが暗闇から見つめます。(通常は照明が落ちています。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また今回の4日間の授業内では、影山教授が集められた数百に上るPPTから、毎日数名の世界のジュエリー作家を紹介して頂きました。

それぞれの作家の特徴や作品の素材や技法について、更には作家のバックボーンまでお話を聞くことが出来ました。

情報を得ることの重要性を教えて頂いた瞬間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他、授業外では全学対象のスライドレクチャー「ブローチピンの金具」についてのお話をして頂きました。

下記はスライドレクチャーで紹介して頂いた作家とお話しいただいたテーマです。
Babetto Giampaolo  Beate Klockmann  Philip Sajet  Doris Betz  Dorothea Prühl  Gerd Rothmann  Karl Fritsch  Lisa Walker  Ramon Puig Cuyàs   Stefano Marchetti  Winfriend Kruger  Alexander Blank  Hermann Jünger  Visintin Graziano  Tibetan peaple  Brooch pins etc
上記の作家はこちらから検索できます。こちらのサイトも授業で紹介して頂きました。

klimt02 http://www.klimt02.net/

 

作品制作から展示に至るまでの演出の仕方、作家の最新情報や情報の取得の仕方など、この3週間でとても多くのことを教えて頂きました。

 学生にとって今後に繋がる有意義な時間となったと思います。

 

2012.10.04