exhibition

BM 高尾山登山 報告

今年で2回目となる高尾山登山授業。今回も快晴の中、大きな怪我なく12/4に無事実施する事が

できました。ボーリングの玉(約7キロ)を担いで移動する状況を設定し、人間工学に基づい

てグループで制作したバッグ。その作品に実際にボーリングの玉を入れて高尾山に登り、機能

と形状についての理解を深めることが目的です。昨年の検証結果を作品にフィードバックさせ

てはどうか?との先生方のご意見を踏まえ、学生が問題点を明確化し、制作に取り組めたこと

は今年度の大きな成果だと思います。作品ではエアークッションを取り入れフィット感を追求

したものや、おんぶ紐の要領で自重自体を引き上げる構造などグループワークならではの工夫

を凝らしたバッグが目を引きました。卒制も始まり日々悶々としている中、学生にとって体感

しながらデザインを考える良い機会となりました。

2010.12.10