Otto Künzli “THE EXHIBITION”

 

キング・オブ・コンテンポラリージュエリーであるOtto Künzli /オットー先生の数年ぶりとなる個展がミュンヘンにて始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オットー先生は水野学園理事長著の世界のジュエリーアーティスト上巻・下巻の両方で紹介されていますが、ストレートに社会を考えさせるジュエリーを生み出し続けている、ジュエリー界にとって本当に大きな大きな存在です。

先日、研修旅行で訪れたミュンヘンはその他にもジュエリーの大きな展示会Schmuck2013も行われており、様々なジュエリーアーティストがヨーロッパ中から集まってきていました。様々なイベントの紹介はこちら。

その中で行われたオットー先生の個展はミュンヘンにある現代美術館の空き地に特別に建設された会場で行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研修旅行に参加した学生たちもオットー先生の名作と本人に会い、本当に嬉しい様子でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご自身の作品制作はもちろんですが、1991年よりミュンヘン造形美術大学の教授として、数々のアーティストを世に送り出しているオットー先生の個展。

巡回展の予定もあるようです。

 

この展覧会に合わせて、ものすごくかっこいいカタログ「Otto Kunzli: The Book」も出版されています!検索してみて下さい!

 

 

 

 

 

2013.03.25

オットー・クンツリ氏個展

 

春休み研修旅行の目的の一つである

オットー・クンツリ氏の大個展が、ドイツミュンヘンで開催されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 キング・オブ・コンテンポラリージュエリーである オットー先生は、理事長先生の世界のジュエリーアーティスト

上巻・下巻の両方で紹介されていますが、ストレートに社会を考えさせるジュエリーを生み出し続けている、本当に

大きな大きな存在です。

(stewでも紹介しています。よむジュエリーワンダーランド第1弾 http://archive.h-stew.com/event/13541.html

 

ご自身の作品制作はもちろんですが、1991年よりミュンヘン造形美術大学の教授として、数々のアーティストを世に

送り出しているオットー先生の個展。

巡回展の予定もあるようですが、やはり機会があればミュンヘンで是非!

 

 

 

Otto Künzli – オットークンツリ展

 

会期:3/9(土)— 4/7(日)

*3/8(金)19:00よりレセプション

 

開場時間:

3/9 – 3/10  10:00 – 18:00

3/13 – 4/7  12:00 – 20:00

 

場所:

DIE NEUE SAMMLING(国際デザインミュージアム)

 

Bakerstrasse 40,Pinakotek der moderne,80333

Munchen,Germany

 

 

この展覧会に合わせて、ものすごくかっこいいカタログ「Otto Kunzli: The Book」も出版されます!検索してみて下さい!

 

2013.03.01

JEWELRY INC.3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JEWELRY INC.は、

学校法人水野学園ヒコ・みづのジュエリーカレッジ卒業生による、ジュエリーの展示販売会です。

 

3回目となる、このJEWELRY INC.ですが、かなりかなりかなり前の卒業生から、昨年の卒業生までの50名の参加者が集いました。

 

今回は、そろそろマフラーともお別れの春。ということで、首もとを狙った「ネックレス」だけ!がならびます。

アイテム限定の展覧会も初めての試みなので、どんな会場になるのか私も楽しみです。

 

もちろん、現在学生のみなさんにも見に来て欲しい!!!!

そして、卒業を迎えるみなさんはもうすぐ水野学園同窓会のメンバーとなります。

JEWELRY INC.は、見る楽しみだなくて、つくる気持ちをもっている卒業生であれば、誰でも出展することができる展示販売会です。

先輩たちがいい感じに楽しく作っている姿、見に来て下さい!

 

水野学園同窓会

嶺脇美貴子(1989年MC卒業)

 

 

JEWELRY INC.3

会期:2013.3.1(金) – 3.4(月)

時間:開場時間にご注意ください!

 

2013.3.1(金)  *17:00 – 19:00(夕方のみオープン。18:00よりレセプション有り)

2013.3.2(土)  11:00 – 19:00

2013.3.3(日)  11:00 – 19:00

2013.3.4(月)  11:00 – *16:00

 

レセプション:3.1(金) 18:00 – 会場に隣接するdining café HOMEにて

 

会場:Gallery COMMON(ギャラリーコモン)

       神宮前5-11-1 2F

       03-6427-5834

       http://www.gallerycommon.com/?page_id=10

  (キャットストリートにあるスターバックスの隣です)

 

参加メンバー(卒業年度/コース略)

 

赤澤 富子

安 惠晟

甘利 拓哉

浅岡 美穂

早坂 光

橋本 慶子

泉山喜郎

井出 絵美子

川和 真紀

金丸 幸司

戒能 幸枝

金子 祐子

川口万代/藤田樹里

神崎晃洋

森 卓哉

森 啓子

松尾 大

嶺脇 美貴子

増田 遥

永田昌之

西田 友紀子

大瀬 玲美

沖山 了子

大竹 潤

岡 健太郎

小熊 裕樹

清水 恵利

水野 久美子

佐藤 寛朗

高橋 光太

高柳 省吾

高橋 宏幸

知念 正美

立原 万琴

外山 幸二

山野 小百合

安井愛美

籔田 浩永

櫻井 忍

ホ-スンヨン

クォンジョンスク

朴ダジョン

シンジェソク

キムナレ

シン ウニョン

アンジョンイ

イスジン

ファンインソン

キム ジソン

キム ボムス

 

2013.02.26

Otto Künzli “THE EXHIBITION”

 

キング・オブ・コンテンポラリージュエリーであるOtto Künzli /オットー先生の数年ぶりとなる個展がミュンヘンにて始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オットー先生は水野学園理事長著の世界のジュエリーアーティスト上巻・下巻の両方で紹介されていますが、ストレートに社会を考えさせるジュエリーを生み出し続けている、ジュエリー界にとって本当に大きな大きな存在です。

先日、研修旅行で訪れたミュンヘンはその他にもジュエリーの大きな展示会Schmuck2013も行われており、様々なジュエリーアーティストがヨーロッパ中から集まってきていました。様々なイベントの紹介はこちら。

その中で行われたオットー先生の個展はミュンヘンにある現代美術館の空き地に特別に建設された会場で行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研修旅行に参加した学生たちもオットー先生の名作と本人に会い、本当に嬉しい様子でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご自身の作品制作はもちろんですが、1991年よりミュンヘン造形美術大学の教授として、数々のアーティストを世に送り出しているオットー先生の個展。

巡回展の予定もあるようです。

 

この展覧会に合わせて、ものすごくかっこいいカタログ「Otto Kunzli: The Book」も出版されています!検索してみて下さい!

 

 

 

 

 

2013.03.25

オットー・クンツリ氏個展

 

春休み研修旅行の目的の一つである

オットー・クンツリ氏の大個展が、ドイツミュンヘンで開催されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 キング・オブ・コンテンポラリージュエリーである オットー先生は、理事長先生の世界のジュエリーアーティスト

上巻・下巻の両方で紹介されていますが、ストレートに社会を考えさせるジュエリーを生み出し続けている、本当に

大きな大きな存在です。

(stewでも紹介しています。よむジュエリーワンダーランド第1弾 http://archive.h-stew.com/event/13541.html

 

ご自身の作品制作はもちろんですが、1991年よりミュンヘン造形美術大学の教授として、数々のアーティストを世に

送り出しているオットー先生の個展。

巡回展の予定もあるようですが、やはり機会があればミュンヘンで是非!

 

 

 

Otto Künzli – オットークンツリ展

 

会期:3/9(土)— 4/7(日)

*3/8(金)19:00よりレセプション

 

開場時間:

3/9 – 3/10  10:00 – 18:00

3/13 – 4/7  12:00 – 20:00

 

場所:

DIE NEUE SAMMLING(国際デザインミュージアム)

 

Bakerstrasse 40,Pinakotek der moderne,80333

Munchen,Germany

 

 

この展覧会に合わせて、ものすごくかっこいいカタログ「Otto Kunzli: The Book」も出版されます!検索してみて下さい!

 

2013.03.01

JEWELRY INC.3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JEWELRY INC.は、

学校法人水野学園ヒコ・みづのジュエリーカレッジ卒業生による、ジュエリーの展示販売会です。

 

3回目となる、このJEWELRY INC.ですが、かなりかなりかなり前の卒業生から、昨年の卒業生までの50名の参加者が集いました。

 

今回は、そろそろマフラーともお別れの春。ということで、首もとを狙った「ネックレス」だけ!がならびます。

アイテム限定の展覧会も初めての試みなので、どんな会場になるのか私も楽しみです。

 

もちろん、現在学生のみなさんにも見に来て欲しい!!!!

そして、卒業を迎えるみなさんはもうすぐ水野学園同窓会のメンバーとなります。

JEWELRY INC.は、見る楽しみだなくて、つくる気持ちをもっている卒業生であれば、誰でも出展することができる展示販売会です。

先輩たちがいい感じに楽しく作っている姿、見に来て下さい!

 

水野学園同窓会

嶺脇美貴子(1989年MC卒業)

 

 

JEWELRY INC.3

会期:2013.3.1(金) – 3.4(月)

時間:開場時間にご注意ください!

 

2013.3.1(金)  *17:00 – 19:00(夕方のみオープン。18:00よりレセプション有り)

2013.3.2(土)  11:00 – 19:00

2013.3.3(日)  11:00 – 19:00

2013.3.4(月)  11:00 – *16:00

 

レセプション:3.1(金) 18:00 – 会場に隣接するdining café HOMEにて

 

会場:Gallery COMMON(ギャラリーコモン)

       神宮前5-11-1 2F

       03-6427-5834

       http://www.gallerycommon.com/?page_id=10

  (キャットストリートにあるスターバックスの隣です)

 

参加メンバー(卒業年度/コース略)

 

赤澤 富子

安 惠晟

甘利 拓哉

浅岡 美穂

早坂 光

橋本 慶子

泉山喜郎

井出 絵美子

川和 真紀

金丸 幸司

戒能 幸枝

金子 祐子

川口万代/藤田樹里

神崎晃洋

森 卓哉

森 啓子

松尾 大

嶺脇 美貴子

増田 遥

永田昌之

西田 友紀子

大瀬 玲美

沖山 了子

大竹 潤

岡 健太郎

小熊 裕樹

清水 恵利

水野 久美子

佐藤 寛朗

高橋 光太

高柳 省吾

高橋 宏幸

知念 正美

立原 万琴

外山 幸二

山野 小百合

安井愛美

籔田 浩永

櫻井 忍

ホ-スンヨン

クォンジョンスク

朴ダジョン

シンジェソク

キムナレ

シン ウニョン

アンジョンイ

イスジン

ファンインソン

キム ジソン

キム ボムス

 

2013.02.26

シューメーカーコース2年生修了展 [ materials ]

 

シューメーカーコース2年生による修了展が青山校舎マテリアルズライブラリーで開催されます。

今年のテーマは『materials』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白い革で作られた靴と、同一デザインで独自に手を加えた素材で作られた靴が並びます。

素材のおもしろさと、素材選びの重要性が感じられる作品展です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

シューメーカーコース修了展『materials』

2013.02.15(Fri)~19(Tue) 11:00~18:00

※19(Tue)のみ11:00~16:00

専門学校ヒコ・みづのジュエリーカレッジ第4青山校舎materials library

 

 

 

2/17(日) ~ 2/21(木)に青山スパイラルホールで開催しているシューメーカーマスターコース、

バッグメーカーコースの卒業制作展もぜひ、ご覧ください。

2013.02.15

2012年度卒業制作展 オープニングレセプション

 

2月12日(火)ジュエリー、ウォッチコースの卒業制作展がスタートしました。
今年も185名の学生によって制作された作品が展示されています。

 

 

    
   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当日は表彰式が行われ、優秀な作品に賞が授与されました。

以下、受賞者の皆さんです。

    
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展覧会は16日土曜日まで開催されています。

 

今年も力作が揃っています。

 

是非お越し下さい!

2013.02.15

`12 The Jewelry Competition

 

 ジュエリーファンデーションコース恒例のコンペティション課題の展示です。

今年度は「イエローキュービックジルコニア チェスナッツカット(栗カット) 10mm)を課題石とし、
それぞれが1年間で習得した技術を、思う存分注ぎ込んだリングが並びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展示会場は本校ギャラリーの工事に伴い、青山校舎2階 マテリアルズライブラリーにて開催いたします。
通常のギャラリーとは開催時間が異なりますので、お間違いないようご来場ください。

会場の様子

また、会場では展示作品の人気投票をお願いしております。ご来場の際は是非ご参加ください。

ジュエリーコースの2年生以上のみなさんにとっては、思い出深く懐かしい課題だと思います。
今年の1年生も頑張りました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年に1度のこの展示が、ジュエリーをつくり始めた頃のことを思い出す機会となってくれたら嬉しいです。

 

Jewelry Foundation Course
`12 The Jewelry Competition
2013.2.7 (木) ~2.13(水) 9:30 ~ 17:20
第4青山校舎 2階 マテリアルズライブラリー

2013.02.05

Gallery infomation vol.22

「日本の漆」—南部・秀衡・浄法寺を中心に
 
【会期】2013年1月10日~3月24日
    10:00-17:00(入館16:30迄)
    休館日:月曜日(祝休日は開館、翌平日休館)
【入館料】一般1,000円/大学生500円/中小生200円
【場所】日本民藝館 http://www.mingeikan.or.jp/

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


漆絵柏文瓶子 室町時代 16世紀
 
みなさん、こんにちは。副手の安です。
 
1年生は進級テスト、卒業年度生は卒業テストと、お疲れ様でした!あと少しで2012年度も終わり。

みなさんにとって充実で思い出たくさんの1年になったら良いと思います。
 
さて、みなさんは「古いもの」はお好きですか?ものづくりをしている人にとって、「新しいもの」

や感覚はとても大事だと思いますが、それと同じぐらい、「古いもの」から得ることも沢山あります。

私はどちらかというと、「古いもの」を見たときにワクワクしたり、感動したりする気がします。

今よりも何百年、何千年の前に、どうやってこういうものを作ったんだろう、と感動してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は渋谷のすぐ近く、京王井の頭線の駒場東大前駅にある、「日本民藝館」へ行ってまいりました。

目当ては1月10日より始まっている、「日本の漆」という特別展です。昨年12月に冬ゼミで漆の講義の

アシスタントをやらせていただいたので、昔からの技法である漆を使った工芸品にも興味が出てきたのです。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「漆」の工芸品といえばお椀や重箱、お盆などに赤と黒の漆を塗ったもの(よく貝殻や金箔などが漆の上

に貼られていたりもしますね)が頭に浮かびますが、この展示ではそれ以外にも「漆絵(うるしえ)」が使わ

れた工芸品が沢山展示されていました。南部地方(ほぼ現在の岩手県)を産地とする南部、秀衡(ひでひら)、

浄法寺(じょうぼうじ)の椀類は「漆絵」がよく使われています。それらは「秀衡椀(ひでひらわん)」と呼ばれ

朱漆と切迫による模様が特徴で豊かな形をもつ名椀と称賛されているそうです。他にも、東北地方で「酒上

(ひあげ)」と呼ばれた片口型の酒器や、神前に酒を供えるための瓶子、北海道の先住民であるアイヌが使って

いた祭器、また、中国の影響を受け独自の技法を発展させた沖縄の琉球漆器など、室町時代から18世紀江戸

時代までの漆工芸品が数多く展示されています。時代別の変化を楽しみながら見るのも面白いかったです。
 
私が昔のものに惹かれるのは、もちろん時間が経過した物理的な変化による渋さ、美しさもありますが、もう

ひとつはそのものが生きていた時代の人々の生活を少し共有できるからかもしれません。あの時代の人らは、

この時代の人らは、そして同じ時代の他の国の人々は、とひとつのものから無限に想像が広がるからだと思

います。
 
初めて訪れた「日本民藝館」はとても雰囲気のある日本家屋で、ずーっと居られる気がしました。

とても落ち着く場所でした。特別展である「日本の漆」以外にも、常設展として「古人形の美」や「日本の染織」

など、他の工芸品もたくさん展示してありました。

今回の展示は3月24日までと、かなり長い間やっていますので、少しあったかくなったら、ぜひ日本民藝館へ

お出かけしてみてください。


 
*すべての画像は展示会パンフレットより
(日本民藝館の外観の写真を除く)
 
【日本民藝館】

東京都目黒区駒場4-3-33
Tel 03-3467-4527
京王井の頭線駒場東大前駅西口より徒歩7分

 

 



 

2013.02.04

SILVER COLLECTION2012開催!

シルバーアクセサリーマスターコース2年生によるマイブランドのコレクションと

メタルクラフトコース2年生によるオリジナルジュエリーの展示販売会を開催します!

200点以上の力作が勢揃いしますので是非観に来て下さい。

2013年1月31日(木)〜2月2日(土)

11:00〜19:00

31日/17:00start、2日/17:00close

Opening party:31日18:00start

 

Gallery COMMON

JR原宿駅徒歩7分、東京メトロ明治神宮前駅徒歩5分、東京メトロ表参道駅徒歩5分

渋谷区神宮前5-11-1 

TEL:03-6427-5834

2013.01.26

CONTEMPORARY ART JEWELRY SHOW 2012 in OSAKA

皆さんこんにちは、JFコース嶺脇です。

 

大阪、阪急百貨店うめだ本店で

 

CONTEMPORARY ART JEWELRY SHOW 2012

(コンテンポラリーアートジュエリー展 2012)

 

が開かれます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CONTEMPORARY ART JEWELRY SHOW 2012

12月19日(水)―12月25日(火)

10:00 ― 18:00

阪急百貨店うめだ本店9階アートステージ

 

 

 

 

コンテンポラリージュエリーという世界を紹介している

 

gallery C.A.J(京都)

gallery deux poissons(東京)

O-Jewel(東京)

 

の3つのギャラリーが一つになって大阪に集結!

それぞれが紹介するアーティスト、なんと50名の作品が揃います。

これ、大阪じゃなければ、まじあり得ない企画。

大阪校のみなさん!是非見に行って下さい!

 

私は、0-Jewelからの紹介で、フェイクの果物を素材にしたブローチを出展します。

それぞれのギャラリーの紹介と、アーティスト名です。

 

 

gallery C.A.J

 

GalleryC.A.J.はコンテンポラリージュエリーを紹介していく中で、ご自身の感性や美意識に

響く作品を見つけていただける場になることを願っています。

身につける人にとってジュエリーは、「今ここにいる私」の歴史、文化、思想をも凝縮する

小宇宙として、自らを物語る装置となり、個人を引き立てるものとなっていくでしょう。

ジュエリーというツールによって自分自身をブランディングしていく楽しさを、皆様と共感

していきたいと願っております。

 

http://www.kondo-kyoto.com/caj/

 

出展作家:

浅野式子 / 井澤葉子 / 石田明里 / 小田真紀子 / 小山泰之 / 小林京和 / 周防絵美

子 / 田口史樹 / 苗加美保 / 中野かおる / 中村智志 / 彦根愛 / 溝口恵子 ほか 

   

//////////////////////////////////////////////////////////

 

gallery deux poissons

 

2003年に東京・恵比寿にオープンしたコンテンポラリージュエリーを専門に取り扱う

ギャラリードゥポワソンは来年10周年を迎えます。

オープン以来、国内外のすぐれたコンテンポラリージュエリーを紹介するとともに、

若手作家の発掘にも取り組んできました。ギャラリーでの企画展の他、展示会等の

プロデュース・コーディネートも手がけています。

また、オリジナルのマリッジ&エンゲージリングコレクションの企画・制作も行って

います。

 

http://www.deuxpoissons.com/

 

出展作家:

AFLO+ / AMETSUCHI / januka / JUTIQU / Kenichi Kondo / KI / Oue / Ryohei

Yoshiyuki / Ryota Nishimoto ほか

 

//////////////////////////////////////////////////////////

 

O-Jewel

 

身につけることもできる小さなアートピースとして“素材の価値に頼るjewelry”や“身体の

装飾だけを目指したアクセサリー”とは異なるそれ自体がアーティストの自己表現である

ものを” Art Jewelry”と考え、主張し世界に広げて行くことを目指している。

世界中に美で心踊る瞬間を届け、繋げる存在でありたい。

 

Art Jewelry are pieces of art that can be worn. As opposed to jewelry that

depends on the material’s value, or jewelry with sole purpose of decorating

oneself, art jewelry is the artist’s expression that can be asserted and

announced to the world.

O-Jewel is connecting people by beauty and making beautiful things happen

in the world.

 

http://www.o-jewel.com/

 

出展作家:

Akihiro Ikeyama (JP) / Annelies Planteijdt (NL) / Antje Godglück (DE) / Aura

Virginia (RO) / Beate Klockmann(DE) / Diamonds and Daughters (NL) / Felix

Lindner (DE) / Iris Nieuwenburg (NL) / Iris Bodemer (DE) / Jantje Fleischhut

(DE) / Jeannette Jansen (NL) / Jiro Kamata (JP) / Karin Johansson (SE) /

Karin Seufert (DE) / Katja Prins (NL) / Kumiko Mizuno (NL) / Manolya Konuk

(FR) / Mari Ishikawa (JP) / Mari Iwamoto (JP) / Mariko Yamashita/imago (JP)

Mikiko Minewaki (JP) / Mirei Takeuchi (JP) / Nina Sajet (NL) / Philip Sajet

(NL) / Tabea Reulecke (DE) / Tore Svensson (SE) / Hiromi Ohara/TORIKONIA

(JP) / Ulrich Reithofer (NL) / Yu-Chun Chen (TW) / TAROU (JP)

 

2012.12.15

『書簡 Letter』 -A study on Kazuhiro Ito-

 

理事長先生の著書「世界のジュエリーアーティスト上巻」で紹介されている伊藤一廣氏の作品、資料が展示されます。

伊藤先生は、1987年から亡くなられる1997年まで、ヒコみづのジュエリーカレッジ講師として、学生はもちろん、

学校のすべての教職員にも大きな影響を与えてくださった先生です。

 

今回は、伊藤一廣氏の仕事を再考する手がかりとなる資料とともに、日本ではなかなか見る機会が少ない氏の作品、また

交流の深かったベルンハルト・ショービンガー氏、オットー・クンツリ氏、黒川興成氏の関連作品も展示されるそうです。

 

この企画を立てて下さったのは ORIZZONTI(オリゾンティ/石田明里・加藤果鈴・墨屋夕貴)。

イタリア・アルキミアコンテンポラリースクールで学ばれたグローバルな方々です。

www.orizzontiarts.com <http://www.orizzontiarts.com>

 

 

先生が亡くなったのが48歳の時であることを知って、あらためて先生の存在感、ジュエリー哲学、そして指導力に驚くのです。

ご本人の作品以外にも、当時の資料や交流のあった方々の作品も並びます。

また学校所蔵の関連作品も数点展示されますので是非足を運んで下さい。

 

 

会場:i-space いそがや

 

 http://www.isogaya.co.jp/

 

場所:東京都港区西新橋1-4-12 新第一ビル7F

 

お問い合わせ:03-3591-8797 / 090-1032-5411

 

企画:ORIZZONTI(石田明里・加藤果鈴・墨屋夕貴)

 

www.orizzontiarts.com <http://www.orizzontiarts.com>

 

 

入場無料ですが、19日(水)17:00~19:00のパーティー&トーク参加のみ会費2000円です。(1drink付)

※会費は全て伊藤一廣・研究費として使用させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

2012.12.14