event

FAA : 海外作家ワークショップレポート

FAAでは9月1日~7日まで海外作家さんによるワークショップが行われました。今年ワークショップをしてくれたのは、

Juul van den Heuvel氏(ユールさん)。

彼女はオランダ/リートフェルト・アカデミーのファインアート科で教鞭をとっている傍ら、自らもペインターとしても

活躍している作家さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワークショップの内容は「ドローイング」。

「全ての製品はドローイングから始まっている」とはユールさんの言葉。

ドローイングを通して無限に広がるイメージと様々な発見を体験するワークショップとなりました。

マテリアルズ・ライブラリーを真っ白な空間に作り変えることからワークショップはスタートしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作り上げた真っ白な空間の壁面や床麺に学生達はドローイングをしていきました。

最初は様々なラインを。そこから蝉の音を聞いて線で表現したり、ユール氏自らがモデルとなって人体のドローイングをしたり

と、あっと言う間に白い空間はドローイングで埋め尽くされました。

 

 

 

 

最後はこれまでワークショップで描いて来た数々のドローイングを1冊の本にまとめる作業。

こんな素敵な本が出来上がりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、FAAの学生達の前に実は教員メンバーも夏休みにJuulさんのワークショップを受けていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学生たちと同じように、お互いがモデルになり平面&立体でドローイングしたり・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お互いを表すキーワードを出し合い、それをテーマにオブジェクトを制作したり・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教員自らが同じワークショップを体験できたことで、FAAの学生達への指導がよりスムーズだったのはもちろん、

同じ教員という立場でアートやものづくりを通しての『教育』についてディスカッションしたりと、貴重な時間を

過ごしたのでした。

 

 

2011.09.19