event

MUGコレクション2012 “Breeze” 報告 vol.2

今回はショー本番に至るまでの会場準備や、ヘアメイクの楽屋など

観客席からではわからない舞台裏の様子をご紹介します!

 

ヘアメイク楽屋の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回ヘアを担当してくれたHIDEさんとヘアメイクスタッフでモデルさん達の髪を

セットしていきます。

メイク担当のWAKAMEさん。

モデルさん1人1人に丁寧にメイクをしていきます。

 

会場準備

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工事現場用の単管と呼ばれるパイプを組み上げて会場を作り上げていきます。

ひな番の後ろには巨大な木製パネルを組み、みなで一斉に持ち上げます。

照明はショーにとってとても大切な演出の1つ。

プロジェクターをモデルさんにかぶらないように高い位置に設置します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

舞台裏では、2台のモニターを使ってショーの進行具合を逐一チェック!

写真はランウェイを掃除する越田先生。左右から映像で確認出来るようになっています。

タイムキーパーが時間をはかり舞台裏にいるスタッフにインカムでキュー出しします。

音響/照明/映像はキャットウォークから指示だししていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大勢のスタッフが舞台から見えないところで、仕事をしっかりとしていました。

舞台裏の仕事はなかなか見えづらい仕事ではありますが、

スタッフの誰1人欠けてもショーは成立しない重要な役割を担っていたのです。

 

ヘアメイクスタッフ、モデルさん、そして実行委員のみなさん、お疲れさまでした!!

 

2012.10.12