event

FAA2 workshop Vol.2

FAAの2年生が9月1日~6日までの5日間で海外作家によるワークショップを行いました。

講師は、オランダリートフェルトアカデミーでファインアート科の講師Bas Medik氏。

ワークショップのテーマは「気づき」。

日常の中に潜むちょっとした事柄から、自分らしい視点を見いだす為のアプローチや

固定概念を払拭する新しいモノの見方など、様々な「気づき」を体験する授業を行いました。

 

前回は1日目〜2日目までをお伝えしましたが、

今回はワークショップ3日目~5日目の報告です。

 

DAY3 : body / parts / functions

 

3日目は粘土にて人体パーツを作成しました。

学生それぞれ人体の各パーツに分かれてリアルに造形して行きます。

この課題の主旨はここから。

出来上がった人体パーツをテーブルにおき、そこから人体パーツの抜けている部分を

他の素材を使って埋めていきます。

抜けている部分にはどのような形状で補えば人体に見えるようになるのか?

人間の持つ不足部分を自動に補う能力にフォーカスをあてた課題を行いました。

学生達はリアルに作らなくても人体に見えるような表現を探しながら制作しました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DAY 4 : contact improvisation

 

4日目は「即興コンタクト」。

これは3日目の課題からの延長とも言える課題で、

グループになり人体と人体の構成を考え、そこから人体を引いたものをオブジェクトで補うというもの。

それぞれ学生達はグループに分かれユニークなポーズをし、写真を撮り、

その状態から1人を取り除いてそれに見合ったオブジェクトを制作、また写真におさめました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DAY 5 : extended book

 

最終日は各自持ち寄った本から好きな画像をオブジェとして再構成するというもの。

各自がチョイスした画像も個性であれば、オブジェクトに変換する色や形の選択も個性。

変換作業は色紙にて行われましたが、そっくりに作ることは必要はありません。

印象派の画家のように目に見えて感じるままに3Dに変換して行きます。

出来上がったオブジェクトを再度、本の画像の上に置き写真を撮りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5日間という短い期間ではありましたが、学生達は様々な「気づき」体験を通して

今までにない新しい視点や、考え方を持つ事が出来たのではないでしょうか?

今後、学生達が作品制作を行う上で、この経験がどのように活きてくるのか楽しみです。

 

FAA2 WORKSHOP vol.1はこちら!

 

 

2012.10.01