event

FAA2 Workshop Vol.1

 

FAAの2年生が9月1日~6日までの5日間で海外作家によるワークショップを行いました。

講師は、オランダリートフェルトアカデミーでファインアート科などで教鞭をとっているBas Medik氏。

今回のワークショップのテーマは「気づき」。

日常の中に潜むちょっとした事柄から、自分らしい視点を見いだす為のアプローチや固定概念を払拭する

新しいモノの見方など、様々な「気づき」を体験する授業を行いました。

 

DAY1 : texture / surface

 

まず最初に行われたのはBas氏が用意した袋に入れられたオブジェを触ってドローイングする、という課題。

目に見えないものをドローイングするのは学生にとっても初めて!

手で触った感触を頼りに袋の中身をドローイングしました。

その後、今度は袋に入ったオブジェを感触を頼りに紙で再現していきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

袋の中に入っていたのは、パーティー用の様々なメガネでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DAY2 : expanded composition

 

2日目は、日常の何気ない写真をヒントにモノとモノや、モノと人の関係性を考える課題を行いました。

学生達は学校付近の気になるポイントを写真に撮り、その関連性を1枚の写真で表現しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、学生達がどこにポイントを絞り関係性を持たせたかわかりますか?

 

Vol.2に続く

 

 

2012.09.21