event

長野技能五輪・アビリンピック2012 時計修理50日前模擬競技

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月8日(土) 長野県諏訪市文化センターで技能五輪時計修理職種の模擬競技が開催され、学生3名が参加しました。

 

今回の競技内容は、3ケ所不具合のつけられた機械式自動巻時計(ムーブメントのみ)の修理とひげゼンマイの時間合わ

せを3時間以内に行います。オーバータイムは無しで失格となります。

 今回の競技参加者は,15名でヒコ以外は時計メーカーの若い社員たちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時計修理職種が24年ぶりに復活し競技全体の予行練習を兼ね、本番さながらの緊張感に包まれた1日となりました。

参加した学生達も手ごたえを感じて今後のトレーニングにも一層力が入りそうです。

 

 

 

2012.09.22